明解★産婦人科へのwifi導入

Home > 産婦人科のwifi導入について > 産婦人科などの病院内のwifiスポット設置例について

産婦人科などの病院内のwifiスポット設置例について

 入院している間で、深刻なうちはsnsツールを活用して連絡するゆとりはありません。
しかしながら、あるレベル以上回復すると、日頃の生活のことが気になってくるはずです。
携帯やスマートフォンの持参が禁止されている理由としまして、医療器材の誤作動が発生する可能性があります。
しかしながら、産婦人科などの病院内で導入されているwifiスポットサイドより出ている無線LANの電波ならば、医療器材に対する干渉がないことをチェックした上で装備されているので不安や心配はいりません。
無線LANは多種多様な規格と提供している会社があるので、現実に入院している建造物内でどういった種類が設置しているのか確かめなければならないでしょう。
ありとあらゆる病棟で備えられているとは限らないため、順番に探し出していく必要があります。

 wifiスポットについては、専用マークが事業者グループ毎に明記されています。
大手携帯会社あるいは公衆無線LANを供する会社などタイプは多く見られますが、それぞれのマークがあります。
主として人間が集まる所であって、公衆電話が備えられている所の近くに貼付されています。
医療施設の玄関ドア近くにwifiスポットのマークが貼付してあれば、該当マークを病院内で人が集まる場所の近くで探すと容易に見つかることがよくあります。
長椅子が置いている所にもセットされていることがありますが、原則として深刻な病の患者が非常に多くいるICUや救命救急センター近くには無いと推察しておくと良いでしょう。
外と連絡することまで考えが回るのは、軽症か回復が進行している人にかぎられるためです。

 医院内に整備されているwifiスポットには、公衆無線LANではない病院内専用の無線LANネットワークが設計されていることがあります。
公衆無線LANで無いことから、定められたマークが貼り付けされていることは無く、アクセスポイントそのものがステルスモードの状態で実施されているケースもあります。
ですので、調べあげない限り分からないです。
ナースステーションの中で使っている医療従事者に特化した無線LANルーターに、病院内患者に向けたアクセスポイントが別口でセットされていることがあります。
ナースステーションにおいて直接的に確認して、病院内の利用規約に同意署名し使用することができる種類の無線LANスポットがあります。
SSID及びパスワードをダイレクトにナースステーションで聞いて保有しているスマートフォンやタブレット端末へと打ち込まなければ、リンク出来ない種類の無線LANということになります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ