明解★産婦人科へのwifi導入

Home > 産婦人科のwifi導入について > 産婦人科などの病院のwifiスポット設置の重要ポイント

産婦人科などの病院のwifiスポット設置の重要ポイント

 産婦人科などの病院でwifiを導入してスポットをセッティングする場合、何処にセッティングするのかが問題になるケースがあります。
利用者や病を患っている方、あるいは病院内関係者だけで活用する場合など有効活用のシーンは多種多様であり、ユーザビリティーの良さを考えてポジショニングする場所を考慮したいところです。
その一方で、全ての部屋にポジショニングするのでは費用がかかるのみならず、電波間が作用しあい、接続し難い環境にもなってしまいます。
その結果、実用的にセッティングすることが求められます。
仮に病院においてwifiスポットを構築する場合、どんなところにスポットを設定するのか、目安にどういったことがあるのかなどを専門業者に依頼して取り決めてもらうというのもひとつの進め方です。

 電波については目に見えないものであるとは言え、実際のところそのボリュームはある程度確定しています。
混雑している場所ではそう簡単には電波がつながらない様に、同一の場所にいる人間が並行して利用すれば、軽快な通信は難しくなることから、どの程度の人間が使用するのかということをあらかじめ予測しておくことが大事といえます。
ひとつの例として、待合室においてセッティングする場合、最大値で何人ぐらいが使用しそうかというのをデータ数値を取り、1台のルーターの状態で平穏に供給できる台数をチェックし、設置場所を決定することが重要です。
それに加えて、電波の到達する範囲などもあることから、範囲及び人数を勘定に入れた形でセッティングする場所を決めれば、どこでもフリーズせずに使用することができるだけでなく、コストも抑えた形でwifiスポットを作れます。

 近頃では電波干渉がどの場所で現れているのかを示してくれるソフトウェアが出ており、それを活用することで、どの場所で電波干渉が起こっているのかをチェックすることができ、場所を変えることができます。
それのみでなく、外からルーターが持ち込まれ、そのことが干渉を招く原因になることがあることから、それを弾き出して対処もできます。
そういった形でスピーディーに利用する仕組みが完成します。
病院においてwifiスポットをポジショニングする場合、病を患っている方や来訪者にネットなどを愉しんでもらうことだけを考えるというのではなく、基本として電子カルテ並びに治療の中身をダイレクトに動画で見せるなど医療的な角度から活用していくことが求められます。
近頃では廊下の天井にポジショニングすることもでき、白色にして人目に触れない形にさせることもできます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ