明解★産婦人科へのwifi導入

Home > 産婦人科のwifi導入について > 産婦人科などの病院でwifiが導入されている事例と特徴

産婦人科などの病院でwifiが導入されている事例と特徴

 外来の患者のみならず入院している間にもあると機能的で利便性の高いwifiスポットは、携帯電話の非常に強い電波によって医療機具の誤作動が懸念されている産婦人科などの病院でも導入されています。
水面下で持ち込まれるよりも、安全性が確かめられている無線LAN周波数だけを利用してもらったほうが、病院としても安心です。
入院している患者にとりましても、1人で闘病を続けている状態が長きにわたる場合は、不安を覚えてしまうでしょう。
wifiアクセスができる周辺環境があれば、最低限でもメンタル的な面での結び付きを確保することができます。
疾病のタイプによっては、見舞いが増加することが良く無い場合など、snsを活用して簡易的に終わらせることが症状そのものの回復に効果があることも少数とは言えません。

 病院内において一番簡単にwifiスポットを見つけることができるのは、公衆無線LANのマークを建物の中で探し出すことです。
事業者毎にマークは違いますが、公衆電話近くのや待合室辺りにたくさん貼られている可能性が高いです。
フリーにて活用することが出来るとは限らないものの、大手携帯会社や通信会社が運営している公衆無線LANマークが貼付してあれば契約の取り交わし次第で使用可能です。
重症の患者が多くいる病棟や集中治療室のみならず、レントゲン撮影が施される部屋が準備されている棟では、公衆無線LANが取り入れられている可能性はあまり高くないでしょう。
その理由は、公衆無線LANにおいては、医療器材に対して干渉する可能性が含まれる2.4HGhz帯域が活用されているためです。

 相対的に重症の患者が非常に多い病棟を持っている場合でも、医療機関を対象として完成された専用wifiスポットを設けるための無線LANルーターが備え付けられている医療施設があります。
多くの場合は医療機関が内輪で患者についての情報を話し合いするためのローカルネットワークの為に構築してありますが、場合によっては患者に向けたアクセスポイントを別口で設置しているケースがあります。
患者に向けたアクセスポイントは、ステルスモードの状態で運営されていることが多いことから、ナースステーション若しくは総合窓口で、一連の手続きが強いられることが多いです。
院内に特化したwifiスポットには、利用規約が定められており、利用規約に対しての同意書を出したケースのみ利用が認められます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ